淡路島手延べそうめん 御陵の糸(古物)

淡路島手延べそうめん御稜の糸は、淡路島で製造されている素麺の中でも、もっとも歴史が古く、特に平野製麺所では製造後の1年間は専用倉庫で熟成のために眠らせた「古物(ひねもの)」をメインに出荷してます。眠らせることで、しっかりとしたモチモチ感、風味が一層増した素麺になります。

目次

1年間の熟成で得られる、食感と風味 御陵の糸

平野製麺所 淡路島手延素麺御陵の糸 1年間の熟成で得られる、食感と風味 御陵の糸

御陵の糸 袋入り250g(5把入り)

平野製麺所 淡路島手延素麺御陵の糸
平野製麺所 淡路島手延素麺御陵の糸
平野製麺所 淡路島手延素麺御陵の糸

商品の特徴

  • 御陵糸は、淡路糸より一回り細いそうめんです。
  • 細いそうめんなので、のど越しが良いのは勿論ですが、シッカリとしたこしも併せ持つそうめんです。
  • 麺の長さは19cm です。
  • ゆで時間は約90秒~120秒です。

開発の背景

  • のべ3日掛りで商品をつくりあげております。
  • 特殊なそうめん作
  • 御陵糸は「淡路島手延べそうめん協同組合」が保持していた登録商標で、昔から組合員各自が生産販売をしているそうめんです。
  • サンフランシスコ万国博覧会で金杯を受領いたしております。
  • 弊所では、原料にこだわり、製粉会社各社の最上級の小麦粉をブレンドして試作を繰り返し、最良ののど越し・こしを持つブレンドを探し出し、他社とは一味違うそうめんを製造しています。
  • 製造方法も試行錯誤を繰り返し、弊所独自の技術で熟成をジックリ待ちつつ、練り始めから乾燥、仕上まで約45時間、
  • りで培った技術が、白いそうめん作りに活かされています。

原材料

小麦粉・食塩・食用植物油

小麦粉:外国産と日本産の厳選小麦粉を数種類ブレンドして独自の食感を引き出しています。
食塩:鳴門海峡の海水を煮詰めて作った塩(塩化ナトリウムではりません)
食用綿実油:割高ですが、NON GMOの綿実油を使用しています。

御陵の糸 商品ラインナップ

  • 袋入り
    250g(5把)
    500g(10把)
  • 紙箱
    1k(20把)
    2k(40把)
    3k(60把)
    4k(80把)
  • 木箱
    1k(20把)
    2k(40把)
    3k(60把)
    4k(80把)
    5k(100把)
    9k(180把)
    18k(360把)

    上記の種類がございます。  

「御陵の糸(古物)」お買い物はコチラ

素材へのこだわりが人気の素麺「うずしおの華

鳴門わかめの芽カブを練り込んだヘルシーな素麺「芽かぶそうめん

その他、平野製麺所の人気手延べ麺も御覧ください

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる